top of page
検索
  • 執筆者の写真TokyoMillionFlower.staff

アーテフィシャルフラワー 造花レンタルでお得に④〜どこに置けばいいの?〜クリニック編

お久しぶりで申し訳ございません。



ブログは少しお休みしていました。




お花レンタルどこに置くシリーズ。




前々回はオフィス、




前回は店舗で設置した場合を



ご紹介しましたが



今回はクリニックでのご紹介となります。 



オフィス編と店舗編。



⇓まだ読んでない方はもしよろしければコチラからご覧ください。









病院、クリニックでの造花レンタルの装飾。



規模などによっても違うかと思いますが



今回は開業医さんでお話しさせて頂きます。




まずは受付や店舗入り口スペースには



やはりあるのが良いですね。




入口は患者様が最初に入る場所だからこそ



クリニックの顔となります。



ここが華やかだとイメージが一気に明るくなります。



リースなどでも良いかもしれません。



受付にテーブル花などでも素敵ですね。



次に待合室ですが、ここは大切です。



患者様の状況によっては



非常に不安な心境で待たれている場合も



あるかと思います。



最新の研究結果ではストレス時に高まる



交感神経の活動が25%抑えられ、



リラックス時に高まる副交感神経の活動が



29%も高まることが分かっており



花の癒し効果が証明されています。



私たち患者目線としても



病院の待合室は不安や緊張感が無いとは



言えないかもしれません。



そのため、待合室には



是非とも置いていただきたい場所です。



待合室のスペースによっては



複数の造花アーテフィシャルフラワーレンタルを



置いていただくのも良さそうです。



次にこれはもうひとつですが



診察室に置いていただくのはいかがでしょうか。



患者目線として、実は待合室よりも不安な場所があるのです。




それが診察室なのです。



先生から病状を聞くとき



少なからず不安さがあります。



ごく小さな


アーティフィシャルフラワーで


構いません。



ただし沢山の資料や機材などを



手元に置きながら



時に患者様の人生を左右する



クリニックの先生方。



スペースが無いかもしれませんが



先生方の癒しにもなるのでは

   


無いでしょうか?










閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当社はインボイス対応、適格請求書発行事業者です。

令和5年10月1日よりインボイス制度が始まり、東京ミリオンフラワー株式会社はインボイス発行の適格請求書発行事業者となります。 インボイスとは簡単に言いますと、 請求書への記載項目として、税表示を標準税率と軽減税率とで分け、国から発行される登録番号を明示しなければなりません。 納税額にかんしても、年間売上1,000万円以下だった事業者は、確定申告時において消費税を納めずにいましたが、 インボイスを発

תגובות


bottom of page