top of page
検索
  • 執筆者の写真TokyoMillionFlower.staff

造花レンタルは本当に安いの?

更新日:5月16日

造花レンタルは安いのでしょうか?

弊社でお客様より最も質問される内容なのですが、様々な意味合いがあり 

そのひとつが生花との比較です。


それでは今回は生花とのランニングコストの差を見てみましょう。


生花は季節や環境にもよりますが、7日ほどで枯れてしまうため、月に4回ほどの交換が必要となります。


造花レンタル レンタルフラワー 東京 都心

近年は温暖化のため、夏場では早いと5日ほどで枯れるケースもあり

特に企業や店舗などで空調のオンオフの切り替えがあると、より劣化しやすくなる場合があります。

もちろん品種によっても変わってきます。


一方、造花レンタルは当然ながら造花なので枯れないため、一般的には1ヶ月(毎月)〜3ヶ月(年4回季節ごと)の交換となることが多いです。

そのため、造花レンタルのコストは生花に比べておよそ15%ほどに削減することが見込まれます。


生花も地域や店舗により、単価が変わるのであくまで見込みと考えてください。


高品質でリアルなアーティフィシャルフラワーを使用するため、見た目からも生花と間違われることもあります。


このように、常時花を装飾する空間であるなら

メンテナンスもなく、ランニングコストを大幅に削減できると言われております。 


ただ一週間ほどで交換をしたいのなら、造花レンタルと生花は余り違いがありません。


それと生花の方がやはり好きと言う方もいます。

当社は造花レンタル専門では無く、花の専門なので生花も出来ます。

ただ最近のニーズで高いのは造花、アーティフィシャルフラワーに思えます。


当社はレンタルフラワーについて様々なご要望なお答えしています。


ぜひお問い合わせください。

東京ミリオンフラワー株式会社

07055834742担当直通



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page